京都・大阪方面旅行報告【6/7・2日目】前半:京都鉄道博物館編

旅行2日目、6/7。この日は写真が多いため、記事を前半と後半の2つにわけたいと思います。

2016-06-07a-012016-06-07a-02
2016-06-07a-032016-06-07a-04
前日は晴れていい天気でしたが、この日は朝から雨…。ホテルで朝食を済ませ、9時前に新大阪のホームへ。こうのとりには元683系2000番台を改造した289系が充当。新快速の223系との並びも撮れ、私たちは再び225系に乗れました。録音もしたかったので快速に乗車。

2016-06-07a-052016-06-07a-06
車内は空いていて録音も大成功し、35分で京都に到着しました。

さて、今回は京都と大阪をメインとした旅行ですが、その最大の目的は4/29に開館したばかりの京都鉄道博物館訪問です。前身の梅小路蒸気機関車館と大阪にあった交通科学博物館を融合させてオープンしたJR西日本の新しい施設で今話題の場所です。京都駅から市営バスに乗車し、開館直後の10時過ぎに到着。雨が本降りになってきたのですが、平日の朝にも関わらずたくさんの入館待ちの行列ができてました。遠足の団体も見かけました。

2016-06-07a-072016-06-07a-08
2016-06-07a-092016-06-07a-10
2016-06-07a-112016-06-07a-12
2016-06-07a-132016-06-07a-14
5分くらいで入場し、まずはプロムナードへ。ここには様々な車両が展示されており、0系、モハ80-001、C62-26、モハ80-001、DD54-33、クハ103-1は先頭撮影もできました。また、奥にはトワイライトプラザもあり、ここにはEF58-150とEF81-103が展示されてました。

2016-06-07a-15
本館1階は混んでいたため後回し。2階には子どもたちが遊べるスペースも。こちらはW7系の記念撮影用新幹線。

2016-06-07a-162016-06-07a-17
2016-06-07a-182016-06-07a-19
3階はスカイテラスになっており、列車位置情報システムのモニターを発見。このあたりは先日のタモリ倶楽部でも出てましたね。そして行き交う列車を眺めることができ、新幹線とサンダーバードのすれ違いを撮ることができました!

2016-06-07a-202016-06-07a-21
昼食は館内にあるレストランにて。221系を眺めながら明石焼きが入っているうどんを食べました。前夜にも明石焼きを食べたのですが、すっかりハマってしまいました。

2016-06-07a-222016-06-07a-23
2016-06-07a-242016-06-07a-25
さて、このあとは外に出てSLを楽しむことに。「つばめ」のマークでお馴染みのC62 2。小樽築港機関区から転入してきたSLで、このC62形は大型でとても人気があり私も大好きです。そして発車準備中のSLスチーム号と扇形機関車庫を観察。いやぁ、圧巻ですね。

2016-06-07a-26
私たちはせっかくなので12時ちょうど発のSLスチーム号に乗車。新しくなった客車の先頭に乗ることができました。この日使用された牽引機は8620形の8630号機。弘前運転区から転入してきたSLで、高音の汽笛と鐘が鳴るその独特さが気に入りました。

約10分のSLスチーム号の旅が終わり、この後は8630形の転車台実演と給水作業が行われるとのこと。時間まで機関庫内にいるSLを順番に観察することに。

2016-06-07a-27
C51 239。新潟機関区で廃車となり、その後は新潟鉄道学園に教材として保存されていたものを長野工場で復元。

2016-06-07a-28
C53 45。梅小路機関区で廃車後、吹田教習所で保存。その後交通科学館を経由して梅小路蒸気機関車館に移設。

2016-06-07a-29
C59 164。糸崎機関区を経由して奈良運転所から転入。ナンバープレートは赤。

2016-06-07a-30
D52 468。五稜郭機関区から転入。D52形のラストナンバー。

2016-06-07a-31
D50 140。デゴイチではなく“デゴマル”。直方機関区から転入。

2016-06-07a-32
C58 1。“シゴハチ”のトップナンバーでお召仕様。北見機関区から転入。ここでは記念撮影サービスをしていました。このC58 1はかつてSLやまぐち号で使用されていたSLとしてもお馴染みですね。

2016-06-07a-33
C55 1。C55形のトップナンバーで旭川機関区から転入。

2016-06-07a-34
D51 1。“デゴイチ”のトップナンバーで浜田機関区から転入。D51形はSL最多の1115両が製造された代名詞的存在ですね。

2016-06-07a-35
C62 1。大きくて迫力のある“シロクニ”のトップナンバーで広島第二機関区で廃車となり、広島鉄道学園に保管されていたようです。準鉄道記念物に指定されています。

2016-06-07a-36
1080。こちらは1070形のSLでイギリス製。日鉄鉱業からJR西日本へ譲渡されました。赤いナンバープレートで煙突もかなり長いですね。

2016-06-07a-37
9633。9600形のSLで“キューロク”の愛称でもお馴染み。小樽築港機関区から転入。

2016-06-07a-38
C11 64。会津若松機関区から転入。

2016-06-07a-39
B20 10。鹿児島機関区から転入。動輪2つのB形SL。この形式は少数派で元々は構内入れ換え用に開発されたSLのようです。とても小さくC62と比べるとまるで親子の様。

2016-06-07a-40
C56 160。通称“シゴロク”上諏訪機関区から転入。北陸本線米原~木ノ本間を結ぶSL北びわこ号の牽引機としてもお馴染み。ただ、今後D51 200にその座を譲るようです。

2016-06-07a-41
7105。通称「義経」。7100形のSLでアメリカ製。鉄道記念物で交通科学博物館から移設されました。このSLの仲間には「しずか」「弁慶」も知られています。

2016-06-07a-42
こちらはC56 160に掲出されている北びわこのヘッドマーク。

2016-06-07a-43
いやぁ、この扇形機関車庫はずっと見てみたかったところだったので感激です。

2016-06-07a-442016-06-07a-45
2016-06-07a-462016-06-07a-47
時刻は12時40分。給水のためSLスチーム号は休憩。8630号機の転車台実演を見学しました。サービス?なのか2回転半してました。

2016-06-07a-482016-06-07a-49
2016-06-07a-502016-06-07a-51
そしてこの日は異例で、8630のあとにB20 10が試運転のため転車台を回るということでそちらも見学。職員の方にお話を伺ったのですが、このB20 10が動くのは動態保存化後も数年に一度だそうです。生憎の雨でしたが、貴重な光景を見れてラッキー!そして8630との並びも撮れました。本当にB20 10は小さくて可愛いですね。

2016-06-07a-522016-06-07a-53
2016-06-07a-542016-06-07a-55
たっぷりSL観察をしたあとは本館1階へ。500系、583系、489系はどれも現役時代に乗車経験があるので懐かしいです。500系はのぞみで、583系はきたぐにでB寝台の中段に、そして489系は能登で乗りました。ボンネット形は迫力ありますね。

2016-06-07a-562016-06-07a-57
2016-06-07a-582016-06-07a-59
2016-06-07a-602016-06-07a-61
こちらは順に1801号機、EF52-1、100系、DD51-756、EF66-35。SL、EL、DLが大集合してます。そしてもちろん客車も。トワイライトエクスプレス、最高な寝台特急でしたね…。

2016-06-07a-622016-06-07a-63
最後にミュージアムショップでお土産をたくさん購入し、約4時間の滞在を終えて博物館から外に出ました。

JR系の博物館としては大宮の鉄道博物館、名古屋のリニア・鉄道館と巡ってきましたが、私としてはこの京都鉄道博物館が一番楽しめました。鉄道系の博物館としても一番気に入りました。

このあとは京都駅に戻って次の目的地へ。2日目の後半に続きます。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

りんかい

Author:りんかい
後天性(?)の鉄道ファンである埼玉在住の管理人・りんかい(旧・臨時回送)がお送りする日記です。写真も加えながら気まぐれに更新しています♪

≪ご注意≫
※掲載文章および画像の無断転載を禁じます。
※コメントの際には必ずお名前をご記入ください。
※コメント欄の掲示板的使用を固く禁じます。不適切な内容については管理人の判断で削除します。
※コメントには目をとおしておりますが、今後は私からの返信を控えさせていただきます。

≪お願い≫
短文および感嘆符(エクスクラメーション・マーク)等を多く使用した不快感のあるコメントが相次ぎ、管理人としても削除作業および対策に追われています。なるべく常連の方に対する御返事を優先しており、初対面の方や礼儀のない方のコメントに警戒心を抱くようになりました。掲載記事に関係のない書き込みや誹謗中傷等は固くお断りしますことをご理解ください。

★情報集約用ツイッターアカウントを作成しましたので、ブログと合わせてよろしくお願いします。

※心身の体調を崩してしまい、鉄道趣味活動およびブログの更新頻度が低下気味で申し訳ありません。マイペースに更新していきますのでよろしくお願いします。
(2015/05/06追記)

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

since 2009.09.01

Twitter
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-