長野・名古屋方面旅行報告【6/28・3日目】

2013-06-29-452013-06-29-46
長野・名古屋方面旅行、3日目となる6/28のお話です。いよいよ旅行最終日。楽しい時間はあっという間に過ぎていきますね。1日目は長野、2日目は名古屋に滞在して特急列車や普通列車に乗ったりしましたが、最終日はこのあおなみ線の1000形に乗って終点の金城ふ頭へ。そう、JR東海が運営し2年前に開館した「リニア・鉄道館」に行ってきました。

あおなみ線は名古屋臨海高速鉄道が運営する路線で、9年前に開業。1000形は前面部の大きな編成番号の文字が特徴的ですね。制御装置は東芝IGBTでした。

2013-06-29-472013-06-29-48
リニア・鉄道館には開館直前の10時前に到着。屋外には懐かしの117系が、入口にはN700系の模型が展示されていました。

2013-06-29-492013-06-29-50
2013-06-29-512013-06-29-52
2013-06-29-532013-06-29-54
2013-06-29-552013-06-29-56
この博物館はJR東海が運営しており、各分野で高速試験を実施した名車たちが展示されています。具体的には蒸気機関車のC62-17が1954年に最高速度129km/hを記録、新幹線高速試験車の955形「300X」が1996年に最高速度443km/hを記録、リニア実験線車両のMLX01が2003年に最高速度581km/hを記録しており、これらの車両をじっくり観察することができました。そして東海道新幹線の歴代車両である0系、100系、300系が展示されています。

以下、展示車両の写真です。クリックすると拡大表示されます。

2013-06-29-572013-06-29-582013-06-29-592013-06-29-60
2013-06-29-612013-06-29-622013-06-29-632013-06-29-64
2013-06-29-652013-06-29-662013-06-29-672013-06-29-68
2013-06-29-692013-06-29-702013-06-29-712013-06-29-72
2013-06-29-732013-06-29-742013-06-29-752013-06-29-76
2013-06-29-772013-06-29-782013-06-29-792013-06-29-80

300系は試作車と量産車が並んでおり、それぞれの形状の違いを見比べることが出来ました。100系は懐かしの食堂車があった2階建て車両の様子を見ることができました。そして元祖新幹線の0系。最新鋭の車両もいいですが、やっぱり0系を見るとホッとしますね。その0系タイプのドクターイエローである923形の姿もじっくり観察できました。在来線の展示車両も数多くあり、特に381系やキハ181系の国鉄色や113系湘南色が格好良かったです。EF58-157、ED11-2、ED18-2、C57-139といったEL・SLも渋くて味わいがありました。

展示車両を見ているうちにあっという間にお昼になり、駅弁を食べて休憩。午後は引き続き館内を散策し、お土産もたくさん買い込んで約5時間の滞在が終わりました。わざわざ埼玉から行った甲斐は十分ありました。

この後はあおなみ線で名古屋に戻り、東海道新幹線でまっすぐ東京に向かいます。のぞみで急いでもいいのですが、始発のこだまでのんびり帰ることにしました。

2013-06-29-812013-06-29-82
2013-06-29-832013-06-29-84
2013-06-29-852013-06-29-86
少し名古屋のホームで観察していると、N700Aが来てびっくり!そして私たちが乗ったこだま668号ですが、N700Aではなく通常のN700系でした。でも私は初めて録音ができたので大満足です。途中で何本ものぞみやひかりに抜かれましたが、東京までの3時間はやっぱりあっという間に感じました。静岡あたりで富士山の姿も拝むことができました。

こうして東京に戻って来た私たち。友人とはここで解散し、中央線で新宿を経由して池袋に向かい、姉とも別れました。もちろん疲れていた状態の私ですから、東上線はTJライナーを利用。乗車5分前には着席整理券が売切れて満席の状態になっていました。無事に購入できてラッキーでした。そして夜10時前に無事帰宅しました。

駆け足で旅行の様子をお伝えしてきましたがいかがでしたでしょうか。今回は3日間ともそれほど暑くなく、そして大きなトラブルや予定変更もなく元気に過ごせました。首都圏の鉄道もいいですが、たまには息抜きで地方に遠征するのもいいものですね。

最後までご覧いただきありがとうございました。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

リニア・鉄道館ですが、僕は去年の夏に東海旅客鉄道の新幹線浜松工場見学と一緒のツアーで行きました。夕方の閉館時間以降での貸し切りだったのですが、新幹線300系を見たときに中学時代の修学旅行で乗ったことを思い出して感激しました。また0系新幹線の運転席に座って撮影してその証明となるカードを作ったりもしました。

N700系1000番台はG3のようですねぇ。N700Aを見れるだけでもうらやましいのにN700系0番台東海編成の「こだま」でさえもうらやましいww。(時刻が分かるぶんありがたいですが。)

No title

>小田急F-TrainⅡ様
コメントありがとうございます。
館内では記念切符や記念メダルを作れる機械があったので、私ももらってきました。帰りの新幹線は、あえてN700系運用のこだまを狙いました。これも運が良ければN700Aの場合もありますね。足元のコンセントがあるので非常に助かりました。

No title

長旅お疲れ様でした。

あおなみ線は割と関東圏では知られていないマニアックな路線ですね。

僕もこの前の学校の研修旅行のときに実物を見たのが初めてです。

No title

>ジャム様
コメントありがとうございます。
あおなみ線は首都圏でいうりんかい線みたいな感じですね。

No title

旅行お疲れさまでした!羨ましい限りです!自分もその内関西方面へ旅行したいなぁと思っています!

No title

>小田急野田線様
コメントありがとうございます。
関西もなかなかいいですね。私も10代後半の頃によく行きました。

No title

私も5月ににリニア・鉄道館は行ったことありますがあおなみ線は往復で700円(片道350円)って高いんですよね。
後PASMOが使えないとか(suicaは使える)ちょっと酷いんですよね。
因みに私はリニア・鉄道館行った後はPASMOを使って名古屋市営地下鉄名城線と中央線に乗り、途中で東山線と上飯田線を撮っていました。
また行きたいなぁ、名古屋。

No title

>東急5155F様
コメントありがとうございます。
あおなみ線は第三セクターですから運賃は高いですね。名古屋市営地下鉄は数年前に1日で全線制覇したことがありました。

名古屋旅行

こんばんは。名古屋旅行お疲れ様です。とても楽しむことができたようですね。
私は名古屋へはまだ行ったことがないので是非今度足を運んでみたいと思います。
管理人さんが3日間で乗った名古屋地区の路線で、お勧めの路線がありましたら教えてください。よろしくお願いします。

No title

>t-b1074様
コメントありがとうございます。
名古屋は何度も行っていますが、どの路線も個性的でおススメです。JRは東海道線、中央線、関西線がメインですが、少し遠くに行けば武豊線や太多線、東海道本線の美濃赤坂支線なんかも面白いです。私鉄はやはり名鉄&近鉄、その他では愛知環状鉄道やリニモなんかもいいですね。そして名古屋市営地下鉄も外せません。
プロフィール

りんかい

Author:りんかい
後天性(?)の鉄道ファンである埼玉在住の管理人・りんかい(旧・臨時回送)がお送りする日記です。写真も加えながら気まぐれに更新しています♪

≪ご注意≫
※掲載文章および画像の無断転載を禁じます。
※コメントの際には必ずお名前をご記入ください。
※コメント欄の掲示板的使用を固く禁じます。不適切な内容については管理人の判断で削除します。
※コメントには目をとおしておりますが、今後は私からの返信を控えさせていただきます。

≪お願い≫
短文および感嘆符(エクスクラメーション・マーク)等を多く使用した不快感のあるコメントが相次ぎ、管理人としても削除作業および対策に追われています。なるべく常連の方に対する御返事を優先しており、初対面の方や礼儀のない方のコメントに警戒心を抱くようになりました。掲載記事に関係のない書き込みや誹謗中傷等は固くお断りしますことをご理解ください。

★情報集約用ツイッターアカウントを作成しましたので、ブログと合わせてよろしくお願いします。

※心身の体調を崩してしまい、鉄道趣味活動およびブログの更新頻度が低下気味で申し訳ありません。マイペースに更新していきますのでよろしくお願いします。
(2015/05/06追記)

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

since 2009.09.01

Twitter
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-