東西線の05-114Fが運用復帰

2012-03-26-24

東西線の05系で唯一の三菱GTO-VVVFであり、ワイドドアの試作車としてお馴染みだった05-114F。昨年春頃から修繕のため深川工場に入場し、12月に出場し姿を大きく変えました。そして遂に3/5の39S運用で営業運転を開始したようです。

前面スタイルは以前と変化ありませんが、排障器が設置されて帯も色調変更されて濃くなり、行先表示器が3色LEDからフルカラーLEDに交換されて姿が一新されました。車号標記の位置も変更されています。

内装も交換され、車内には車椅子スペースや17インチワイドのLCDを搭載。運転台は15000系に準じた機器類に交換されています。

さらに編成の組み換えを実施。これまでM車は2-3号車、8-9号車でペアを組むユニット方式でしたが、05-119F~05-133Fや07系同様に分散方式になりました。そのためこれまでパンタグラフ非搭載車両にも1基ずつ搭載され、M車は2、4、7、9号車となりました。

気になる制御装置の素子は東芝製のIGBT-VVVFに変更。東西線初の永久磁石同期電動機になりました。15106Fでの試験結果が反映されたものと思われます。変調音や音程は16000系にそっくりです。

元々は三菱GTOで異端車として常に追い求めていた05-114Fですが、今回の修繕で姿を一新。撮影・録音ともに早くしたい編成になりました。

05系は初期車13本が引退し、一部がインドネシアに譲渡されています。現在運用中の編成でチョッパ車は05-115F~05-118Fまでの4本です。いずれもワイドドア車ですから今回の05-114F同様のリニューアルが期待されます。

この他のメトロの車両ですが、02系と8000系の機器更新(前者は東芝IGBT、後者は三菱IGBT)が大詰め、03系も更新対象の1/5が三菱IGBTになりました。今後の展開に注目したいです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

やっと営業運転入ったようですね。
ドアエンジン?も交換してるみたいですね。
03系はVVVF化だけでB修しない理由はなんなんだろうか・・・

No title

>南春日部様
コメントありがとうございます。
営団時代からの考え方が変わっていなければ製造から10年で小規模修繕、20年で大規模修繕、30年で再び小規模修繕となり、40年で廃車という流れなんですよね。03系は機器更新のみで最低限の改造に抑えているようですね。
プロフィール

りんかい

Author:りんかい
後天性(?)の鉄道ファンである埼玉在住の管理人・りんかい(旧・臨時回送)がお送りする日記です。写真も加えながら気まぐれに更新しています♪

≪ご注意≫
※掲載文章および画像の無断転載を禁じます。
※コメントの際には必ずお名前をご記入ください。
※コメント欄の掲示板的使用を固く禁じます。不適切な内容については管理人の判断で削除します。
※コメントには目をとおしておりますが、今後は私からの返信を控えさせていただきます。

≪お願い≫
短文および感嘆符(エクスクラメーション・マーク)等を多く使用した不快感のあるコメントが相次ぎ、管理人としても削除作業および対策に追われています。なるべく常連の方に対する御返事を優先しており、初対面の方や礼儀のない方のコメントに警戒心を抱くようになりました。掲載記事に関係のない書き込みや誹謗中傷等は固くお断りしますことをご理解ください。

★情報集約用ツイッターアカウントを作成しましたので、ブログと合わせてよろしくお願いします。

※心身の体調を崩してしまい、鉄道趣味活動およびブログの更新頻度が低下気味で申し訳ありません。マイペースに更新していきますのでよろしくお願いします。
(2015/05/06追記)

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

since 2009.09.01

Twitter
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-