JR東日本、烏山線に新型車両「EV-E301系」投入へ

JR東日本ではE995系試験車「NEトレイン スマート電池くん」を使用した燃料蓄電池駆動電車システムの開発を進めていましたが、この度量産化が決定し、烏山線に先行車両を投入させることが発表されました。

気になる形式名は「EV-E301系」となります。気動車ではないため「キハ」は付きませんし、ハイブリッド気動車でもないため「HB」も付きませんね。頭のEVは「Energy storage Vehicle」の略になるようです。

EV-E301系は電動車のみの2両固定車。電化区間では電車と同じ仕組み(直流1500V)で走行しながら蓄電池に充電し、非電化区間では蓄電池(直流600V)から電力を供給させてモーターを動かすというメカニズムになっています。非電化区間を走行する完全なVVVF車となりますね。烏山駅では折り返しの時間を利用して蓄電池に充電することも可能になっています。是非ともその設備を見てみたいものです。

EV-E301系は片側3扉車でトイレ無しのオールロングシート。最高速度は100km/hで運用範囲は烏山線宝積寺~烏山間と東北本線宇都宮~宝積寺間となります。起点となる宝積寺ではパンタグラフの上げ下げもしそうですね。車体は烏山線をイメージした緑色で、とても爽やかな印象です。

2014年春頃から運用を開始し、宇都宮運転所所属のキハ40形1000番台8両を置き換えていく予定です。EV-E301系が2両固定車であることから、投入数は2両×4本といったところでしょうかね。いずれにしても落成が楽しみです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

蓄電池で走る営業用列車というのは、このEV-E301系が日本ではパイオニアとなりますから、今、近畿車輛が試験している試験車両とともに今後に注目しなければなりませんね。
烏山線のような短くて勾配のあまり無い路線は、JR東日本としてはある意味実験路線なのでしょうか。
蓄電池は消耗品ですし、勾配区間を走れるのかという疑問もあるので、全国への普及はまだまだ時間はかかりそうですね。

No title

>SeriesN1000様
コメントありがとうございます。
5年前に小海線に投入された世界初のハイブリッド気動車キハE200形の開発に成功したことが記憶に新しいですが、今回のEV-E301系は全く異なる新たな分野の鉄道車両になりますね。烏山線で営業運転をしながら改良を重ねていくのでしょうね。
プロフィール

りんかい

Author:りんかい
後天性(?)の鉄道ファンである埼玉在住の管理人・りんかい(旧・臨時回送)がお送りする日記です。写真も加えながら気まぐれに更新しています♪

≪ご注意≫
※掲載文章および画像の無断転載を禁じます。
※コメントの際には必ずお名前をご記入ください。
※コメント欄の掲示板的使用を固く禁じます。不適切な内容については管理人の判断で削除します。
※コメントには目をとおしておりますが、今後は私からの返信を控えさせていただきます。

≪お願い≫
短文および感嘆符(エクスクラメーション・マーク)等を多く使用した不快感のあるコメントが相次ぎ、管理人としても削除作業および対策に追われています。なるべく常連の方に対する御返事を優先しており、初対面の方や礼儀のない方のコメントに警戒心を抱くようになりました。掲載記事に関係のない書き込みや誹謗中傷等は固くお断りしますことをご理解ください。

★情報集約用ツイッターアカウントを作成しましたので、ブログと合わせてよろしくお願いします。

※心身の体調を崩してしまい、鉄道趣味活動およびブログの更新頻度が低下気味で申し訳ありません。マイペースに更新していきますのでよろしくお願いします。
(2015/05/06追記)

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

since 2009.09.01

Twitter
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-