2013年の鉄道を振り返って

今年も残りあと数時間。いつも思うことですが、365日というのは本当にあっという間ですね。ついこの前年が明けて2013年がスタートしたと今でも感じてしまいます。

大晦日ということで今年一年をいろんな面で振り返ることが多いかと思います。鉄道関係でも話題の尽きない年でしたね。当ブログ大晦日恒例記事、今回は月ごとにおさらいしてみたいと思います。

●1/16、みどりの山手線ラッピングトレイン登場
2013-01-26-10
今年はこの山手線特別編成の登場からスタートしましたね。2009年秋に明治製菓とのコラボで復刻調ラッピングトレインが走っていましたが、この時はわずか4か月の掲出。でも今回のみどりの山手線は1年間と長期に渡る運転期間で、思う存分撮影できました。春は伊右衛門、夏はリラックマ、秋はナビタイム、冬はクリスマスと、タイアップ企画も楽しめました。特にリラックマのコラボグッズを再販で購入できたことがなによりでした。

●1月下旬、旧塗装化された京急2011編成が運用開始
2013-09-10-64
新1000形ステンレス車の相次ぐ増備で、徐々に800形と2000形が置き換えられていますが、8両固定車の2011編成が登場時の旧塗装に変更されて運用を開始。かつては2ドア・クロスシート車で初代快特用車両として親しまれた2000形。現在は3ドア・ロングシート車になっていますが、やはりこの塗装はいいですね。2年間限定とのことですから、残り1年間ということでしょう。エアポート急行で狙うと来るので、また来年も撮りにいきたいです。

●1月下旬、京成3000形の8両固定車が増備再開
2010-06-26-22
長らく1本のみしか存在していなかった8両固定車の3000形ですが、数年ぶりに増備再開となりました。ただ、置き換えで3300形の旧塗装車が全滅してしまい、原色車も余命がどのくらいあるか気になります。

●2/8、東海道新幹線N700Aデビュー
2013-06-29-82
東海道・山陽新幹線の主力車両N700系ですが、これの改良型となるJR東海のN700系1000番台「N700A」がデビューしました。既存のN700系もN700Aと同様の仕様に改造され、東海車はZ編成からX編成に、0番台から2000番台に改番されました。ということで、現在はN700系、N700A、N700AっぽいN700系が混在していますね。でも乗るならやっぱりN700Aですね。

●2月下旬、東上線の各種表示類がROM更新
2013-02-26
3/16のダイヤ改正に先立ち、東上線では各種表示類のROM更新・幕変更が実施されました。行先表示器は種別部分が黒く縁取られて見栄えがよくなり、フルカラーLEDも種別背景が変化。なんといっても青準急と緑快急が逆転したことは大きかったですね。最初は慣れませんでしたが、もうすっかり定着しました。

●2/22、京王が大幅なダイヤ改正実施
2013-10-23-09
京王線系統において、2/22に大幅なダイヤ改正を実施。準特急は高尾線専用種別となり、橋本特急が復活。区間急行の新設と通勤快速の廃止等がありました。区間急行新線新宿行き→急行本八幡行きという表現はどうなのか…。

●3/1、北総9200形がデビュー
2010-08-12-07
一か月前の2月上旬に甲種輸送された北総(千葉ニュータウン鉄道)の新型車両9200形がデビューしました。また一つ、京成3000形の兄弟車が増えましたね。そしてこの9201編成は9008編成を置き換えました。これにより、北総は9000形、9100形、7260形がともに1本ずつというレア車の宝庫になりました。

●3/5、東西線05-114F運用復帰
2012-03-26-24
元々05系で唯一の三菱GTOであり、ワイドドア試験車としてもレア車だった05-114Fが、16000系等と同様の仕様に改造され、運用に復帰しました。デザインも一新され、制御装置は東芝IGBTのPMSMに。もちろん東西線で唯一の採用となっています。私もようやく今月、偶然乗ることが出来ました。

●3/6、209系2100番台増備完了
2012-03-21-13
京浜東北線から房総各線に転用された209系の投入が完了。これによって113系と211系が千葉エリアから姿を消しました。113系、211系、209系が混在していた頃が一番楽しかったですね。

●3/12、E233系3000番台増備完了
2013-08-13-13
高崎車両センターに所属している211系の一部を置き換えるために投入されていたE233系3000番台の増備が終了しました。これでこの3000番台だけでも国府津車・田町車(現国府津車)・高崎車と3種類のバリエーションが誕生しています。

●3/15、651系、E653系が常磐線から引退
2012-06-02-28
長年に渡り常磐線の特急として親しまれてきたスーパーひたちの651系とフレッシュひたちのE653系が定期運用から離脱しました。どちらの車両も第二の人生を歩むことになりましたが、フレッシュひたちのカラフルな編成が楽しめなくなったのは残念ですね。

●3/15、田町車両センター廃止
2012-04-29-32
品川駅周辺の再開発に伴い、田町車両センターが廃止されました。現在は品川寄りに留置線が新設され、東北縦貫線や新駅開業を見据えた動きが加速化してきています。旧田町区所属の車両については、E233系と215系が国府津区へ、185系・183系・251系が大宮区への配置となりました。しかし、183系は編成再編によって廃車となっている車両も夏頃に発生しました。

●3/15、211系3000番台が房総各線から撤退
2010-08-14-10
209系2100番台の増備で113系とともに置き換えられていた211系房総地域色。既に内房・外房・東金線系統からは撤退していましたが、総武・成田・鹿島線系統からも撤退となり、2006年秋からのわずか6年半での運用が終了しました。この211系は高崎線からの転用車でしたが、現在は3両化されて長野色となり、第三の人生を歩み始めています。房総各線で投入時、ロングシートであることが不評だった一方で、半自動対応という点が評価されました。

●3/15、東横線渋谷駅地上ホーム営業終了、1000系・9000系が東横線から引退
2013-03-04-06
2004年1月31日、東横線は高島町・桜木町の廃止と反町・横浜の地上ホーム廃止が大きなニュースになりましたが、今年はなんといっても渋谷の地上ホームが見納めということで、鉄道ファンのみならず、多くの人々がこのホームで記念撮影されていました。これにより、東横線は渋谷と横浜、両起点駅が地下化されて姿が一変しました。

●3/16、JRダイヤ改正でE6系スーパーこまちデビュー、長野地区で211系デビュー
2013-09-28-07
毎年恒例、JRグループ春の一斉ダイヤ改正。今春はなんといっても秋田新幹線の新型車両E6系が話題になり、CMでも赤を宣伝していましたね。「スーパーこまち」という愛称も1年で消滅することになり、間もなく2代目こまちとなりますね。

2013-06-29-23
そして長野地区では待望の211系長野色がデビュー。一部の115系の運用を置き換え、E127系の運用範囲も拡大されるなど、長野支社管内でも大きな改正になりました。来春改正では甲府エリアにも211系の運用が登場予定で、さらに115系の姿が見納めになりそうですね。元幕張車の改造は終了し、現在は元高崎車の改造に移行しているようです。

●3/16、ダイヤ改正により、東横線と副都心線が相互直通運転開始
2013-03-16-06
この日はJRと同じくらい大きなダイヤ改正をした私鉄各社。遂に副都心線と東横線が相互直通運転を開始し、森林公園や飯能から乗り換えなしで元町・中華街までが1つの路線で繋がりました。特に東急と西武は犬猿の仲でしたが、この日は感動的な一日になりましたね。

●3/16、東上線ダイヤ改正で快速新設
2013-03-16-08
東武、西武、メトロ、東急、横高と関連各社でそれぞれ大きなダイヤ改正を遂げましたが、東上線では快速が新設されました。急行より快速のほうが上位というのがいかにも東武らしい考え方ですね。川越市以北をデータイムも通過する種別ということで、いまだに賛否両論ありますね。

●3/16、E233系3000番台が宇都宮線でデビュー
2013-07-27-05
高崎車のE233系ですが、211系の運用を置き換えたということで、宇都宮線でも走りはじめました。これで宇都宮線は全て4ドア車で統一されています。

●3月下旬、秩父鉄道C58-363復帰
2013-08-31-26
昨年8/6に広瀬川原車両基地構内で脱輪事故が発生し、以来運休となっていたパレオエクスプレスが半年ぶりに運転再開。今年は元気に走り続けました。長瀞・秩父の観光資源として貢献し続けてほしいですね。

●3/21、近鉄の新型特急しまかぜデビュー
2013-06-29-40
近鉄の新型特急「しまかぜ」の50000系がデビュー。多くのメディアにも取り上げられて話題となり、私も名古屋で見学しました。現在は2本のみで名古屋・大阪難波~賢島間を結んでいますが、来年秋には3本目が増備されて京都発着も設定されるようです。

●3/23、小田急線代々木上原~梅ヶ丘間が地下化
2013-03-27-16
小田急線の輸送力改善策の一環として進められてきた代々木上原~梅ヶ丘間が地下化。この日から、東北沢、下北沢、世田谷代田の3駅が地下化されました。下北沢が冠水するトラブルもありましたが…。

●3/23、全国10種類のICカードが相互利用開始
JR系・私鉄系のICカード合計10種類がこの日から相互利用を開始。当日は記念カードを購入する行列が各駅で見られました。私は何度もはしごしたにも関わらず、目の前の人で完売して悔しい思いをしました…。

●4/1、芝山鉄道所属車両を3618編成から3540編成に変更
2009-09-30-20
赤と緑の芝山色の帯でお馴染みだった3618編成が京成所属になり、3540編成が芝山所属になりました。ただ、色はまだ赤と青の京成色です。所属車両を8両から4両にしてコスト削減でしょうか。

●4月上旬、銀座線01系解体開始
2013-10-23-40
昨春、新型車両1000系が華々しくデビューした銀座線ですが、長年親しまれた01系の廃車が徐々に進行中。解体は東武8000系と同じ館林で実施されています。特に01系で2本のみだったVVVF車のうち、東芝IGBTでPMSM試験車だった01-138Fが廃車、現在は三菱SiCの01-137Fが01系で唯一のVVVF車となっています。今のうちに01系と1000系の絡みをたくさん撮っておきたいですね。

●4月上旬、SLばんえつ物語にグリーン車登場
2012-09-02-28
新潟~会津若松間を土休日に運転しているSLばんえつ物語。とっても人気のある列車であり、私も昨年乗りましたが、最後部車両がグリーン車に改造されてデビューしました。クラブ会員なのでまた乗りに行きたいです。12系客車のグリーン車化ということでも注目されました。

●4月上旬、京王8000系機器更新車が運用開始
2013-10-23-08
日立GTOとしてお馴染みの京王8000系ですが、今年は機器更新された8730Fが注目されました。試運転を重ねたのち、定期運用に復帰。日立IGBTと東芝IGBT、それぞれのMユニットで異なるメーカーの制御装置を搭載しており、このうち東芝IGBT側は京王初のPMSMとなりました。今後8000系は機器更新が予想され、どちらのメーカーを本格採用するか注目です。

●4/8、越生駅八高線ホームが棒線化
2013-09-12-25
ローカル情報になってしまいますが、越生駅のバリアフリー工事開始に伴い、八高線ホームの1番線が消失。交換待ちが出来なくなり、ポイントも撤去されて棒線化されました。八高線非電化区間は近年ワンマン化拡大や駅の無人化で合理化が進んでいますが、越生駅のバリアフリー化も完成が楽しみです。

●4/14、200系完全引退
2012-05-19-05
0系の東北・上越版として長年活躍し、様々なバリエーションが存在した200系がラストランとなり、JR東日本の新幹線もオールVVVF化されました。特に旧塗装になっていたK47編成が注目の的でしたね。

●4/20、野田線の10030系がデビュー
2013-05-25-11
今年は野田線が大きく変わった一年でもありました。新車投入よりも先に、転用車の10030系が運用開始。オール8000系だった路線にステンレス車は違和感ありましたが、それ以上に青と黄緑の野田線色がもっと違和感あり、ファミマカラーなんていう愛称もついていますね。森林公園・春日部からの転属、来年も続きそうです。

●4/26、東横線「Shibuya Hikarie号」デビュー
2013-05-07-11
東横線で活躍する5050系4000番台の最新編成となる4110Fがヒカリエの特別編成になってデビュー。注目の的になりましたね。ゴールドの車体とブラックフェイスが印象的。イベントで森林公園に入線実績があり、明日の臨時列車でも西武線直通に充当されますね。

●4/27、相鉄10000系で「走るウルトラヒーロー号」運転開始
2013-05-03-36
相鉄線を走った赤い電車。ウルトラマンカラーが印象的なラッピング車で、運転期間中は多くの撮影者で賑わいました。10000系もこうなると印象が違いますね。

●5/5、東武亀戸線で下町トレイン運転開始
2013-09-22-41
亀戸線を走る8000系に「下町トレイン」ラッピング車が登場。さらに車内の自動放送もソラカラちゃん仕様になり、運行期間を延長するなどして話題になりました。

●5月上旬、東急8090系引退
2013-05-03-21
東横線から大井町線に転属して活躍を続けてきた8090系が引退。ヘッドマークを掲出してファンを喜ばせてくれました。やはり秩父鉄道譲渡でしょうか。兄弟車の8590系は富山地鉄に譲渡されましたね。

●6月上旬、E6系初の甲種輸送実施
2013-06-01-21
秋田新幹線向けE6系。これまでは日立製が海上輸送されていましたが、川重製が甲種輸送で落成されて話題となりました。ミニ新幹線規格のため、仮台車に履き替えての輸送が可能ということで、過去にE3系も甲種輸送の実績があります。でもE6系はそのスタイルが目立つため、普段秋田新幹線を見れない近畿・東海地区の在来線を新幹線が通過するとあって、多くの撮影者で賑わいました。

●6/15、野田線の60000系がデビュー
2013-12-01-10
待望の野田線向け新型車両60000系が遂にデビューしました。8000系や10030系に比べればまだ少数形式ですが、ようやく野田線が新時代に突入という象徴の車両になりましたね。

●6/30、埼京線のE233系7000番台がデビュー
2013-10-19-20
長らく205系が活躍していた埼京線にもE233系が投入され、一気に新車化されました。これで都心部を走る主要路線は大半がEシリーズの新系列になりましたね。

●6/30、ホリデー快速河口湖運転終了
2013-06-01-48
新宿・小山~河口湖間を結んでいる臨時列車のホリデー快速河口湖が名称消滅となりました。そして・・・

●7/1、高崎線開業130周年記念で211系がラッピング車に
2013-09-09-44
今年は高崎線開業130周年を記念したイベント開催やグッズ販売等で沿線が盛り上がりましたが、最後まで残存していたタカC16編成にヘッドマークと115系湘南色をイメージした特性のラッピングが掲出されて半年間運転されました。このような姿になる211系も珍しいですね。一足先に平屋グリーン車は営業終了ということで、ちょっと寂しいですね。

●7/6、ホリデー快速富士山運転開始
2013-07-20-04
7月からホリデー快速富士山に名称を変更。ヘッドマークも一新されました。小山発着列車については半年間限定であずさ色の183系マリ31編成が充当されました。

●7月上旬、DF200-7001が誕生
JR九州の豪華寝台列車「ななつ星in九州」の客車を牽引する専用のディーゼル機関車として登場したDF200。JR貨物が所有して北海道エリアで活躍するレッドベアのJR九州版が誕生しました。

●7月上旬、東急8590系が富山地鉄に譲渡
2010-04-30-33
8090系が秩父鉄道に譲渡されていますが、8590系は富山地鉄に譲渡されました。これで大井町線の各駅停車は8500系と9000系の体制となっています。かつては1本しかいなかった大井町線の9000系、もうレア車ではないですね。

●7/6、3両化された05系が中野→綾瀬間で甲種輸送
2012-03-26-18
以前から噂されていた05系の千代田線北綾瀬支線転属が実現されることになり、既に改造が大詰めになった編成も登場しています。緑帯の05系、登場が楽しみです。でも置き換え対象の5000系が消えると形式消滅ですね。

●7/18、J-TREC製のE233系が登場
2013-09-28-12
埼京線向け7000番台の増備が続いた今年ですが、途中からJ-TRECも製造に参入。東急車輛時代にもE233系の製造はしていましたが、J-TRECに社名変更してからのE233系製造はハエ121編成が初となりました。今後は横浜線向け6000番台も担当します。

●7/20、E3系R1編成引退
2013-09-28-17
E6系スーパーこまちの増備で徐々に置き換えが進められてきたE3系の初代こまちですが、トップナンバーで試作車のR1編成(元S8編成)が引退しました。量産車との相違点は前照灯の位置。結局私は一度も見ることはできませんでした。E3系自体は何度も乗ることができましたが…。

●7月中旬、E4系に廃車編成発生
2013-09-28-09
東北新幹線へのE5系増備に伴い、E2系が上越新幹線に転属。200系と共にE4系の置き換えもしています。そして遂にE1系に続いてE4系にも廃車編成が発生し、新潟で解体されました。数年後にはオール2階建て「Max」は全滅となるため、迫力あるこの姿をしっかり目に焼き付けておきたいですね。E4系を2本連結した16両編成になると、高速車両としては世界最大の1634人を輸送できる点が素晴らしいですね。

●7月下旬、EF510-500番台の一部がJR貨物に譲渡
2012-06-16-18
田端所属のEF81を置き換えるために登場したJR東日本所有のEF510-500番台ですが、今春改正で貨物運用の受け持ちをJR東日本からJR貨物に移行となり、EF510の運用も寝台特急牽引のみとなりました。最大で15両が製造されましたが、その半数以上がJR貨物の所有となり、田端から富山に転属。富山のEF81を置き換えるものと思われます。転属後は青いレッドサンダーとして北陸本線・湖西線等で貨物運用を開始。側面の流線ロゴが撤去されてしまったのが残念です…。

●8月上旬、リニューアルと同時に機器更新された東武11032Fが運用復帰
2013-09-02-05
リニューアル工事が進行中の東武10030系。中でも今年は東上線の11032Fが、同形式初の機器更新実施ということで話題になりました。4月頃から工事が始まり、入念な試運転を本線で実施して東上線に10か月ぶりに帰還。加速度が3.3km/h/sに向上し、界磁チョッパから日立IGBTに生まれ変わった10030系は抜群な性能です。部品調達対策の試験的なものらしいので、今後の機器更新推進が焦点になりますね。

●8~9月、秩父鉄道で1000系6両混色編成を運転
2013-08-31-12
7000系列投入で置き換えが進行した1000系。最大で12本もありましたが、夏の時点でわずか3本が残るのみとなり、何回かに分けて混色6両編成での臨時列車が運転されました。通常あり得ない1000系同士の連結、そして混色ということで、沿線は賑わいました。二度とないこの光景、私もしっかり見届けることが出来ました。

●8/24、205系600番台が宇都宮線でデビュー
2010-07-17-17
元京葉線の205系メルヘン車を種車として改造して誕生した600番台。日光線向けは3/16改正でデビューし、107系0番台を置き換えました。そして宇都宮線向けもこの日デビュー。211系の運用を置き換えました。新たに誕生した湘南色の205系は2本連結した8両編成での運用も誕生しています。

●9/1、ブログ開設4周年を迎える
2013-09-01
2009年9月1日に開設した当ブログがお陰さまで4周年を迎え、5年目に突入しました。まさかここまで続くとは思ってもいませんでした。常日頃ご覧下さっている皆様のおかげです。本当にありがとうございます。そしてこれからもよろしくお願いします。11月にはツイッター、12月にはツイキャスも開始し、さらにブログとの連携を図って行ければと思っています。

●9/9、元西武271Fが流鉄5005Fとなって譲渡
2013-09-09-16
数年前から流鉄への譲渡が度々実施されていた西武の新101系ですが、遂に最終編成の甲種輸送を実施。西武271Fが流鉄5005F「なの花」になりました。これで5000形は5色が揃い、この5005Fも運用を開始しています。

●9月下旬、MUE-Trainに新型VVVF搭載
2013-05-22-57
川越車両センターに所属している209系多目的試験車MUE-Trainですが、秋ごろから制御装置が交換されています。生では聴いていませんが、この変調音、私は好きです。烏山線のEV-E301系や山手線のE235系で搭載が予定されている三菱SiCの試験と思われます。量産化が楽しみですね。

●9月下旬、埼京線205系のインドネシア譲渡開始
2013-10-19-05
新旧車両の世代交代が進んだ埼京線。E233系の投入で置き換えられた205系はそのまま廃車になったり、入場して改造中になったり、そしてインドネシアに譲渡されたりと、様々な進展がありました。特に海外譲渡組は18本で、既に現地に到着した編成もあります。今回の譲渡についてはJR側からも公式発表され、かなり力を入れている様子ですね。

●9/15、都営新宿線10-300形3次車がデビュー、10-000形幕車は順次引退
2013-10-23-06
10-300形といえばE231系ベースの都営新宿線の新車ですが、今年度増備分からは設計がE233系ベースとなり、デザインも一新。新たに3次車となって3本が投入されました。都営車初のLED照明・フルカラーLED・17インチワイドLCDとなって今でも注目の的。一方で10-000形は幕車の引退が相次ぎました。

●9/28、「Tohoku Emotion」完成
2012-08-08-01
東北に新たな観光列車が誕生。10月から八戸線で運転を開始しています。改造されてキハ110系700番台となり、食堂車があるため「キクシ」という記号が誕生しています。

●9/28、いなほ用E653系1000番台デビュー
2012-09-02-10
以前から噂のあったE653系の新潟地区転用が遂に実現。6月末に公式発表があり、新たに塗装変更されて1000番台化されました。フレッシュひたち時代はモノクロス特急でしたが、グリーン車を増設。これで485系の上沼垂色を置き換えるものと思われます。

●10/1、期間限定で651系運用復帰
2012-04-14-14
新車で統一された常磐線の特急ですが、E657系工事に伴い、今春改正で一度引退した651系が運用に復帰。2015年春までの1年半限定で、フレッシュひたち1往復に充当されています。651系は来春以降、一時的に0番台と1000番台が上野で顔を合わせるかもしれませんね。

●10月上旬、E2系に初の廃車編成発生
2009-11-15
東北新幹線へのE5系増備でE2系1000番台が上越新幹線に転属。そしてE4系とともにE2系0番台も置き換えとなり、遂にJ編成の廃車が始まりました。長野新幹線のN編成もE7系投入によって来春以降に廃車が予想されるため、いずれはE2系のGTO素子車が全滅するかもしれませんね。

●10/7、東武8000系が就役50周年を迎える
2013-11-17-24
最高で712両が製造され、同一形式最多数であることから「私鉄の103系」とも呼ばれた東武8000系。遂に就役50周年を迎えました。50000系列の投入等で置き換えが進み、現存するのは376両。ワンマン車もこの先いつまで活躍を続けることやら…。

●10/10、京王れーるランドがリニューアルオープン
2011-06-13-11
多摩動物公園駅に隣接している京王電鉄の博物館「京王れーるランド」がリニューアルオープンしました。展示車両も加わり、鉄道系博物館の要素が増えました。

●10~11月、ハエ16・17が4両で入場、600番台化?
2013-09-28-08
埼京線から続々と捻出された205系ですが、このうちハエ16・17編成の2本が4両化されて大宮に入場しています。当初は武蔵野メルヘン車を種車にして600番台化される噂がありましたが、これが埼京線205系に計画変更されたのでしょうか。湘南色になって出場してくるか注目です。

●10/15、JR九州の豪華寝台列車急「ななつ星in九州」デビュー
言わずと知れた豪華寝台列車のななつ星がデビュー。77系7000番台をDF200-7001が牽引と、記号も「7」に統一されています。そして「イ」が付く記号が復活というのもファンを驚かせました。来夏には料金値上げでさらに高額になるとか。そして過密スケジュールが指摘されていますね。

●11/13、ニューシャトル開業30周年記念塗装になった1153Fが運用開始
2013-11-14-03
ニューシャトルで活躍している1050系で唯一原色だった1153Fが懐かしの赤い塗装に変更されました。これで1050系は4本全て異なる塗装となり、いわゆる黄色と緑のニューシャトルカラーは1010系のみとなっています。また、12月にデビューした2106Fもかつてのニューシャトルを意識してか、赤い塗装になっています。

●11月上旬、ソフト変更された西武20105Fが運用復帰
2012-04-07-06
新宿線所属の20105Fが新たにVVVF試験車となり、秋ごろから池袋線・新宿線で試運転を実施。そして運用に復帰して私もついこの前やっと乗ることができました。中間車のモハ20505のVVVF装置が交換され、同じ日立IGBTでも高音タイプから低音タイプに変化しています。30000系増備車に活かすためのデータ測定が目的だったようですね。

●11/21、三菱SiC化された小田急8061Fが運用復帰
2013-08-17-06
8000形更新車となった8061Fですが、三菱IGBTではなく、三菱SiCになりました。SiC素子はまだ開発段階と思っていましたが、メトロやJRでも徐々に採用していくようで、小田急でも今後の導入拡大が注目されます。

●12/3、上信電鉄7000形デビュー
上信電鉄の新型車両がデビュー。今回は西武からの101系譲渡ではなく、純粋に新造車両の投入となりました。しかも制御装置がIGBT-VVVF。中小私鉄でVVVF車を新造投入ということでかなりびっくりでした。現在は白い無塗装ですが、今後新たなデザインが施されるようです。

●12月上旬、L-trainの西武3015Fが引退
2012-04-07-01
30000系の増備に伴い、10月には3003Fが、11月には3015Fが、12月には3001Fと3013Fが相次いで廃車となり、横瀬で解体されています。特に「L-train」仕様だった3015Fの引退は残念ですね。これで池袋線の3000系は「999」仕様の3011Fを残すのみとなりました。記録はお早めに。

●12/15・12/23、183系幕張車が引退
2013-08-03-05
幕張区に所属していた183系あずさ色2本が引退し、廃車回送を兼ねた団体臨時列車として運転されました。マリ32編成のあずさ表示、マリ31編成のかいじ表示が印象的でした。マリ31編成は夏からホリデー快速富士山に半年間充当されましたが、マリ32編成はあまり出番がありませんでしたね。今年は183系の再編が実施され、豊田区のトタM50編成も今後の処遇が気になります。

●12/25、西武30000系増備車が運用開始
2012-04-07-59
これまで101系を置き換えるために30000系を増備してきましたが、今年度からは置き換え対象が3000系に移行されました。そして30000系も仕様変更され、制御装置の改良、LCDの17インチワイド化、フルLED照明採用、ドアエンジン改良等が目立ちます。シリーズ初の10両固定車も登場しており、来年度以降も継続して増備される計画です。

●12月末、高崎線の211系が引退
2013-07-10-23
7月から特別仕様編成になって固定運用で運転されていた高崎線の211系タカC16編成が12月下旬頃にラッピングとヘッドマークを撤去して元の姿に戻り、最後の運用をしていました。そして遂に引退。これで東海道線、宇都宮線に続いて高崎線も全て4ドアの電車で統一されました。

2013-08-13-20
この他に年間を通してですと、JR東日本では185系の再編と183系整理を実施。185系は様々な固定編成を用意し、今後183系に変わる波動用車両となります。183系は6両固定車で集約されて一部の編成は廃車されるなど、各車両センター間での配置換え等、目まぐるしく変化しました。

2013-05-03-48
相鉄では9000系が相次いで機器更新を実施。春頃から9702Fが試運転を開始し、相鉄初の日立IGBTを採用。直角カルダン駆動のため、重低音が入るIGBT-VVVFということで音的にも面白い車両になりました。この機器更新では低音タイプと高音タイプ、2種類の装置を試験搭載しましたが、後者の高音タイプを採用。東洋GTOの未更新車は間もなく全滅します。

というわけで、今年一年を振り返ってみましたが、本当に色んな事がありましたね。そして2014年の予定で気になるものをピックアップしてみました。

●1月、埼京線205系引退
●1月、小田急各線に駅ナンバリング導入
●1/18、ゆりかもめ7300系デビュー
●1~2月、快速「おさんぽ川越号」運転
●2/16、E233系6000番台デビュー
●3月、秩父鉄道1000系が完全引退
●3月、元埼京線205系のインドネシア譲渡完了
●3/14、ホームライナー古河・鴻巣、寝台特急あけぼの廃止、E3系こまち引退、E6系スーパーこまち愛称消滅
●3/15、JR他がダイヤ改正、E7系デビュー、651系1000番台デビュー
●3/17、特急「スワローあかぎ」デビュー
●4/1、鉄道各社が運賃改定
●4/1、新津車両製作所がJ-TREC化
●4/1、東武アーバンパークライン誕生
●4月上旬、C58-239+キハ141系「SL銀河」デビュー
●6月、E3系つばさが新塗装化
●7月、東京モノレール10000形デビュー
●8月、E233系8000番台デビュー

さらに・・・
◎北綾瀬支線向け05系運用開始
◎富士急に小田急RSE譲渡
◎しなの鉄道に115系改造の観光列車投入

などなど。この他にもまだまだ何か起きそうです。また、2015年春に開業する北陸新幹線と東北縦貫線の整備も大詰めになりますね。

最後になりましたが、今年も一年間大変お世話になりました。そして当ブログ「鉄道夢手帖」をご愛読いただきありがとうございました。来年も引き続きよろしくお願いいたします。それではよいお年をお迎えください。

2013年12月31日
「鉄道夢手帖」管理人 臨時回送
スポンサーサイト

首都圏ホームドア設置状況

鉄道各線への導入が思うように進まないホームドア。車両の長さや異なるドア数など、克服する壁が多いことと、費用が高額であることが難点となっているようです。それでも新型の様々な形態のホームドアを一部の駅で試験的に設置して実証実験をしています。今後これらが普及して、導入を加速化させてほしいと思っています。

視覚障害関係に携わる者として、ホームドアがひと駅でも多く、そして早く設置されることを祈りたいです。不慮な事故、飛び込み等を防ぐためにも…。以下の記事も合わせてご一読いただければ幸いです。

関連記事:
視覚障害者の鉄道利用について
命の尊さ、日々の大切さを知ってほしい…

国土交通省の公式HP上でもホームドア設置状況を紹介していますが、少々見にくいです。そこでこのブログでは、視覚障害者の皆様にお役立ていただければと思い、首都圏における最新のホームドア設置状況を簡単にまとめてみました。JR東日本では山手線への設置がやっとのようで、他線区への設置は検討すらしていない様子。一方、私鉄各線は徐々にではありますが、主要駅を中心に設置が進んでいます。

いつも思うことですが、視覚障害者本人はまるで迷路のような道を常に歩かなければなりません。点字ブロックを100%頼ることもできません。なぜなら、点字ブロック上に自転車や荷物を放置する人がいるからです。それは立派な障害物であり、道をふさいでいることになります。

また、困っている人がいるにもかかわらず、周りの冷たい視線が痛くて辛いです。親切な方に声をかけていただけたとき、どんなに嬉しいことか…。

どうか、健常者・晴眼者の皆様に、このブログを通じて視覚障害者のことを少しでもご理解いただければと思います。

前置きが長くなりましたが、以下、首都圏のホームドア設置状況です。全て12/30現在のデータです。

【JR東日本】山手線ホームドア稼働状況

≪凡例≫
◎稼働中
▲工事中
★2014年度設置
◇2015年度以降設置
×設置時期未定

大崎◎
五反田★
目黒◎
恵比寿◎
渋谷×
原宿★
代々木◇
新宿×
新大久保◎
高田馬場◎
目白◎
池袋◎
大塚◎
巣鴨◎
駒込◎
田端★
西日暮里★
日暮里◇
鶯谷★
上野◇
御徒町★
秋葉原◇
神田◇
東京×
有楽町★
新橋×
浜松町◇
田町▲
品川◇

【東武】
■稼働中
 東上線:和光市
■設置予定
 野田線:柏・船橋
■検討中
 スカイツリーライン:北千住・新越谷
 東上線:池袋・朝霞台・川越

【西武】
■試験中
 新宿線:新所沢

【京王】
■稼働中
 本線:新宿・国領・布田・調布
 相模原線:調布

【小田急】
■稼働中
 小田原線:新宿

【東急】
■稼働中
 目黒線:全駅
 大井町線:大井町
 東横線:渋谷・中目黒
■試験中
 田園都市線:つきみ野
■設置予定
 東横線:学芸大学

【京急】
■稼働中
 空港線:羽田空港国際線ターミナル

【東京メトロ】
■稼働中
 丸ノ内線:全駅
 千代田線:綾瀬・北綾瀬
 有楽町線:全駅
 南北線:全駅
 副都心線:全駅

【相鉄】
■試験中
 いずみ野線:弥生台

【都営】
■稼働中
 三田線:全駅
 大江戸線:全駅
 日暮里・舎人ライナー:全駅

【その他】
■稼働中
 つくばエクスプレス:全駅
 横浜市営地下鉄:全駅
 東京モノレール:全駅
 多摩都市モノレール:全駅
 ディズニーリゾートライン:全駅
 ゆりかもめ:全駅
 横浜シーサイドライン:全駅
 埼玉高速鉄道:全駅

録音乗り鉄:2013年乗り納め

今日はタイトルのとおり、今年最後の乗り鉄をしてきました。2013年の乗り納めということで、今回は遠くには行かず、地元の東上線と西武線を軽くぶらついてきました。

朝の東上線では51002Fの快速急行、9103Fの快速、51003Fの急行を録音。その後10000系の有楽町線で潜り、小竹向原から西武線へ。8両K運用の石神井公園行きが偶然にもY512Fでした。西武線内でY500系に乗ったのは初めて。東上線の志木折り返し運用にも充当されるはずですが、一度も見たことない…。

石神井公園からは2000系で所沢へ。池袋線から新宿線に乗り換えです。ここで2時間弱、車両観察をしてました。狙っていた増備車の30102Fと38115Fは見れませんでした。20105Fも午前中で運用が終わった見たいですね。一方で池袋線の30101Fは終日運用に充当されていたようです。

17インチワイドLCDやLED照明と改良個所が目立つ30000系増備車。また来月以降に狙いに行こうかな。日立IGBT-VVVFの全電気ブレーキの作動音が異なることや、ドアエンジンが静かになったことなど、音だけでも見分けがつきますね。

というわけで新宿線内では20106Fと38111Fに乗車。特に38111Fでは乗客が私一人という、最高な環境で録音することができました。

こうしてまた本川越から川越に徒歩乗り換え。このパターン、三週連続でやってます。

再び東上線に乗車し、11644Fの快速で若葉へ。通勤で利用する駅ですが、下車したのは二週間ぶりでした。

私は少なくとも明日から4日間は自宅缶詰状態になるため、色々買い出ししてきました。自宅へのお土産も買って、夕方5時過ぎに帰宅しました。ちなみに今年最後に乗った東上線は51009Fでした。

冬至から一週間、少し明るい時間が長くなった気がした帰り道でした。

レア車は来ませんでしたが、基本データを収集でき、2013年の乗り納めはそれなりに充実しました。

秩鉄、2/22に1000系混色団臨運転へ

2013-05-18-16

秩父鉄道で活躍中の1000系(元国鉄101系)が来春に完全引退ということで、今年度は関連のイベントが度々実施されてきました。10月には青22号のスカイブルー塗装としてお馴染みだった1001Fが引退し、現在は朱色1号のオレンジバーミリオン塗装となっている1003Fと原色塗装の1010Fの2本が残存しています。

そしてこの1003Fと1010Fを連結した6両編成の姿で、来年2/22に熊谷~秩父間を団体臨時列車として運転されることが明らかになりました。

このような1000系を2本連結した6両編成での臨時列車はこれまでに3回運転されてきましたが、今度が見納めになりそうですね。個人的には代替で投入される7000系列の詳細も気になりますが…。

■秩鉄1000系6両編成運転実績
8/17・8/31…1001F+1003F/団体臨時列車
10/12…1001F+1010F/一般臨時列車
2/22…1003F+1010F/団体臨時列車

【資料】秩父鉄道車両編成表
2013-12-28-02
※画像をクリックすると別ウィンドウで拡大表示されます。

JR東日本、今後の新造車両投入計画を考察

2013-12-28

JR東日本の今後の新型車両投入に関する詳細が色々と噂されている昨今ですが、有名サイト「国電総研」で展望が明らかになりました。今回はその情報をベースに考察してみたいと思います。

■E233系7000番台/埼京線
今年4月に最初の編成が出場してから間もなく9カ月が経過する埼京線向けE233系7000番台ですが、12/24にはハエ131編成が出場してJ-TREC製造分は全て出揃いました。残るは新津製造分ラストナンバーのハエ121編成の配給輸送を待つのみとなっています。205系大国だった埼京線も時代の変化を印象付けた年になりましたね。

余談ですが、205系は来月に完全引退予定で、インドネシアへの譲渡は3月頃に終了予定とのことです。

埼京線205系の現状をまとめると、運用中が4本、疎開中が1本、留置中が1本、入場中が2本、廃車が10本、海外譲渡が14本となりました。編成ごとの詳細は以下のとおりです。

ハエ1…海外譲渡
ハエ2…長野配給・廃車
ハエ3…長野配給・廃車
ハエ4…海外譲渡
ハエ5…長野配給・廃車
ハエ6…長野配給・廃車
ハエ7…海外譲渡
ハエ8…長野配給・廃車
ハエ9…長野配給・廃車
ハエ10…長野配給・廃車
ハエ11…海外譲渡
ハエ12…海外譲渡
ハエ13…海外譲渡
ハエ14…海外譲渡
ハエ15…海外譲渡
ハエ16…大宮入場(4両)
ハエ17…大宮入場(4両)
ハエ18…運用中
ハエ19…長野配給・廃車
ハエ20…海外譲渡
ハエ21…長野配給・廃車
ハエ22…運用中
ハエ23…海外譲渡
ハエ24…海外譲渡
ハエ25…海外譲渡
ハエ26…海外譲渡
ハエ27…長野配給・廃車
ハエ28…南古谷留置
ハエ29…運用中
ハエ30…大宮疎開
ハエ31…海外譲渡
ハエ32…運用中

■E233系6000番台/横浜線
横浜線向けE233系6000番台は新津が15本、J-TRECが13本で分担製造となるようです。既に敷地内で姿を現しているようですね。最初に出場するのはJ-TREC担当の第16編成で、来月中旬。そして最終出場は新津担当の第15編成で、7月上旬。埼京線向けE233系7000番台のように、新津とJ-TRECで毎週交互に出場すれば6000番台全28本の落成もあっという間ですね。4本/毎月×7か月=28本。

■E233系8000番台/南武線
南武線向けE233系8000番台は全35編成が新津一括製造となるようです。トップナンバーは2014年7月中~下旬に出場、ラストナンバーは2015年10月中旬に出場ということで、新津→武蔵中原間での配給輸送が隔週でありそうですね。約16カ月で増備完了はやはり早い…。

南武線については既存車両の処遇が気になりますね。現状をまとめると…

・205系0番台/生え抜き車
 ナハ2~16…合計15本
・209系0番台/生え抜き車
 ナハ32…合計1本
・205系0番台/転用車
 ナハ34~44…合計11本
・205系1200番台/転用車
 ナハ46・47・49~51…合計5本
・209系2200番台/転用車
 ナハ52~54…合計3本

■E129系/新潟地区
新津においてはE233系の6000番台製造終盤~8000番台製造開始頃にE129系にも着手するようで、来年6~7月頃に最初の2両固定車が完成するようです。E129系は2両×30本を最初に製造し、その後4両×25本の製造に移行。来年6月末・7月上旬に先行車の2両×2本が出場し、4両編成で試運転を実施。

E129系の製造工程は以下のようになります。

・2両×30本…2015年11月下旬
・4両×12本…2016年3月
・4両×8本…2016年度
・4両×5本…2017年度

2015年11月末には2両固定車が出揃い、2017年度中に4両固定車も出揃うようです。2016年度以降はE235系製造着手に伴い、E129系投入はペースダウンする感じですね。

■E235系/山手線
山手線向けE235系は量産先行車が2014年度に1編成製造される模様です。E231系500番台をベースに、信頼性のあるE233系や209系多目的試験車「MUE-Train」の走行実験等で培われた機能を搭載。制御装置はEV-E301系にも採用される三菱SiCになるようです。

E235系は派生グループの有無は不明ですが、山手線向けは0番台(基本番台)になり、MT比はE231系500番台と同様で6M5Tの仕様になるようです。

新津車両製作所も来年4/1からJ-TRECとなり、今後の製造技術の向上等、更なる変化を及ぼすことでしょう。もうしばらくE233系の投入が続き、その後いよいよ新系列のE129系・E235系が楽しみですね。

なお、新潟地区転用の211系に予定されていたVVVF化等、手の込んだ改造は中止になったようですね。車両を改造するよりも、新造したほうが安上がりな時代ですしね。
プロフィール

りんかい

Author:りんかい
後天性(?)の鉄道ファンである埼玉在住の管理人・りんかい(旧・臨時回送)がお送りする日記です。写真も加えながら気まぐれに更新しています♪

≪ご注意≫
※掲載文章および画像の無断転載を禁じます。
※コメントの際には必ずお名前をご記入ください。
※コメント欄の掲示板的使用を固く禁じます。不適切な内容については管理人の判断で削除します。
※コメントには目をとおしておりますが、今後は私からの返信を控えさせていただきます。

≪お願い≫
短文および感嘆符(エクスクラメーション・マーク)等を多く使用した不快感のあるコメントが相次ぎ、管理人としても削除作業および対策に追われています。なるべく常連の方に対する御返事を優先しており、初対面の方や礼儀のない方のコメントに警戒心を抱くようになりました。掲載記事に関係のない書き込みや誹謗中傷等は固くお断りしますことをご理解ください。

★情報集約用ツイッターアカウントを作成しましたので、ブログと合わせてよろしくお願いします。

※心身の体調を崩してしまい、鉄道趣味活動およびブログの更新頻度が低下気味で申し訳ありません。マイペースに更新していきますのでよろしくお願いします。
(2015/05/06追記)

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

since 2009.09.01

Twitter
カレンダー
11 | 2013/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-