371系、11月に引退へ

2010-11-02-14

JR東海のレア車として知られる371系が、来月をもって引退することが明らかになりました。

1991年の登場から2012年まで、新宿~沼津間を結ぶ小田急線・御殿場線直通特急「あさぎり」の顔として知られたこの車両は小田急20000形RSEとともに2階建て車両を連結し、東海道新幹線に類似するカラーリンクでも異彩を放っていました。

あさぎりやホームライナーの運用から撤退後は波動用としてしばし活躍を続けていましたが、デビューから20年を超えて経年劣化が著しいためか、この度の引退を迎えることになったのでしょう。使い勝手も悪いのでしょうか。

11/22~11/30の土休日に浜松~松田間で運転される臨時急行「御殿場線80周年371」号をもってラストランになるようです。

7両固定車1本のシスX1編成のみの在籍だったため、引退すると371系の形式消滅となりますね。私は2005年に新宿から沼津まで乗車経験があり、何度か代々木上原でも撮影できました。また名車が一つ姿を消しますね…。
FC2 Management

川越車両センター一般公開イベント報告

今日は毎年恒例のイベント「川越車両センターまつり」に行ってきました。2005年から公開するようになり、私は今回で7年連続・通算9回目の参加となりました。地域密着型で毎年告知ポスターが南古谷駅のみに掲出され、ひっそりと開催していたアットホームなイベントというイメージが強かったのですが、すっかり秋の定番イベントとなってきましたね。

2014-10-18-03
今年は朝に八高線全通80周年記念号の撮影をしたため、遅れての参戦。川越で乗り換えると、運よくヘッドマーク車のハエ83編成が!

2014-10-18-04
そして川越車両センターに13時前に到着しました。各種歴代ヘッドマークの数々。

2014-10-18-05
E233系7000番台のハエ116編成。

2014-10-18-07
その隣には185系0番台のオオC5編成。

2014-10-18-06
E233系と185系は共に休憩用車両として解放されていました。

2014-10-18-08
車両洗浄線通過体験では209系3100番台のハエ72編成が使用されていました。元TWR70-000形なので顔つきがそっくり。余談ですが、編成札が変わって見にくくなりましたね…。

2014-10-18-09
そしてメインの撮影会の展示車両たち。今年は各地の205系が大集合しました!一番右のナハ34編成は先日疎開で武蔵中原から回送されてきたばかり。

2014-10-18-10
改めて今回集合した205系ですが、南武線のナハ34編成、埼京線のハエ28編成、相模線のコツR5編成、宇都宮線のヤマY12編成、武蔵野線のケヨM35編成の5種類、凄い面々でした。

2014-10-18-11
中原区の車両が川越区に展示されるのは初めて。今後E233系8000番台の増備で処遇が気になりますね。

2014-10-18-12
毎週土曜日の05運用を主体とするハエ28編成。埼京線ATACS導入までの残存でしょうか。

2014-10-18-13
相模線の205系500番台もここでの展示は初めて。205系オールスターズの中でも異彩を放っている感じですね。

2014-10-18-14
205系600番台のヤマY12編成はもともと0番台のハエ16編成だったため、久々の里帰りといった感じでしょうか。

2014-10-18-15
そして武蔵野線からの展示は5000番台で唯一VVVF車となっているケヨM35編成、私も大好きな編成でした。

2014-10-18-16
一番左側にはクモヤ143-11がポツンといて、たまにCPが唸っていました。川越・八高線の車両検査を大宮でするようになってから出番がなくなった川越区の事業用車。「5963M」という列車番号が「ご苦労さん」という語呂合わせに見えてしまう…。

2014-10-18-17
展示車両全景。205系ファンにはたまらない光景となりました。ここは午後から日当たりがよくなるため、ちょうどいい時間帯に来ることができたのもよかったです。

2014-10-18-18
数日前にNREから記念弁当の発表があり、その掛紙にこれらの205系がデザインされていましたが、まさか本当に集合するとは思いませんでした。毎年告知ポスターに展示車両が記載されているのですが、今年はシークレットということでわくわくしていましたが期待以上の結果でした。

2014-10-18-19
このエリアにはいつも2編成の車両が展示されるのですが、今年はE233系7000番台のハエ101編成のみ。しかも列車番号が「205」…。

2014-10-18-20
奥に進むと車輪添削線の隣りに209系MUE-Trainが展示されていました。2008年の登場以来毎年展示車両に加わるこの多目的試験車。この位置での展示は初めてでした。

2014-10-18-21
E235系の開発にも貢献するであろうこの車両。制御装置が何度も交換されているのが気になりますね。また試運転する姿も見たいなぁ。

2014-10-18-22
ひと通り撮影を終え、食事休憩。本当にいい天気に恵まれて気持ちいい昼下がりでした。

2014-10-18-23
時刻は閉場の14時半。最後にもう一度展示車両を眺めてセンターを出ました。

2014-10-18-24
思ったよりも早い電車に乗れて暗くなる前の5時に帰宅できました。今回は午前の八高線、午後の川越線をダブルで楽しむことができ、充実した一日になりました。

今回、このようなイベントを開催してくださった関係者の皆様にこの場を借りて深く感謝いたします。ありがとうございました。

「八高線全通80周年記念号」運転!

今年は八高線が全通して80周年ということで、205系3000番台のハエ83編成に記念のヘッドマークを掲出したり、キハ110系のキハ111-204+キハ112-204が往年のキハ38系風のリバイバル塗装に復元されて運転中ですが、集大成ともいえる臨時快速列車「八高線全通80周年記念号」が運転されました。

2004年11月14日には高崎~八王子間の往復をDD51+旧型客車4両+DD51という編成で「八高線全通70周年記念号」が運転され、2010年2月28日には高崎~高麗川間の往復をDD51+12系客車3両+DD51という編成で「八高線全通75周年記念号」が運転されました。

八高北線の高崎~児玉間では突発的に旧型客車をDD51のプッシュプル運転でハンドル訓練が実施されていますが、小川町以南へのDD51入線はかなり久々。また、このような臨時列車が八高線全区間を通し運転するのも10年ぶりとあって駅や沿線は賑わいました。

今朝は4時半に起床して未明に実施された送り込み回送を目撃。そして・・・。

2014-10-18-01
午前11時前、客扱いされた下り列車が約5分の遅延で通過していきました。

列車番号:9221レ
種別:快速
列車名:八高線全通80周年記念号
編成:DD51 888+12系3両+DD51 895
撮影日:2014年10月18日
撮影地:八高線越生~明覚間

2014-10-18-02
ヘッドマーク掲出は下り方のみで、上り方はノーマルな姿となりました。

というわけで朝から慌ただしい感じでしたが、無事に見届けることが出来ました!

八高線運用調査結果

まずは今朝撮影した写真から。

2014-10-17-01
224Dは八高線全通80周年記念塗装車、昨夜248D~253Dのスジで走り、引き続き付属編成のキハ110-210を連結した3両編成で再出庫しました。明覚~越生間にて。

2014-10-17-02
折り返しの231Dは越生にて。ちょうどA81運用に充当されていた81111Fと顔を合わせ、八高線全通80周年と東上線開業100周年の記念塗装車同士が並びました!

2014-10-17-03
さて、このキハ111-204+キハ112-204が運用を開始して一週間が経過しましたが、この間私はこれを目印に八高北線の運用を調べてみました。2両運用と1両+1両の運用があり、前者は2+1、後者は1+1+1の増結運用も存在しました。キハ111-204+キハ112-204は2両固定車のため、2or2+1の運用に充当されることになり、調査の結果以下のようなローテーションが判明しました。

★八高北線2両固定車運用行路

①248D,253D(翌日224Dで出庫)
②224D,231D,236D,243D,250D,2267D(翌日2223Dで入庫)
③234D,241D,2284D,2285D,244D,251D(翌日226Dで出庫)
④226D,235D,240D,245D,2252D(翌日2262Dで出庫)
⑤2262D,229D,242D,249D(翌日220Dで出庫)
⑥220D,227D,228D(翌日221Dで出庫)
⑦221D,2282D,2283D
※230D,237Dは前後スジ不明

高崎に戻るとスジが繋がらない可能性もあり得ますが、児玉、小川町、高麗川で折り返す列車については予想が容易にできます。なお、3両編成での運用については、付属編成の両運転台車が高麗川方に連結されます。

【資料】八高北線時刻表
※2281D・2286Dは組成不明
2014-10-17-04
2014-10-17-05
※画像をクリックすると別ウィンドウで拡大表示されます。

また、八高南線側では205系3000番台のハエ83編成に八高線全通80周年記念のヘッドマークを掲出して運転中ですが、こちらの運用ローテーションは以下のようになります。

★川越・八高線運用行路
※カッコ内は停泊箇所

①大回り運用
77(八王子)→65(八王子)→63(拝島)→79(高麗川)→69(八王子)→61(川越区)
※79は途中川越区入庫あり
②小回り運用
75(拝島)→67(高麗川)→71(川越区)
③日帰り運用
73(川越区)

日比谷線、霞ヶ関~神谷町間に新駅設置へ

2011-07-18-19

東京メトロが、日比谷線霞ヶ関~神谷町間に新駅を設置することを公式発表しました。既に一部報道で取り上げられていた内容でしたが、やはり2020年の東京五輪までに供用開始を目指し、駅の最終的な完成は2022年度になるようです。

日比谷線では22番目の駅となります。駅名も気になりますが、霞ヶ関~北千住間の駅ナンバリングを1つずつずらすのか、それとも新駅をH-22としてはめ込むのかも気になるところです。

余談ですが、東武スカイツリーラインの20000系列と日比谷線の03系を置き換える20m級4ドア・7両固定車の新型車両の概要発表も待ち遠しいですね。
プロフィール

りんかい

Author:りんかい
後天性(?)の鉄道ファンである埼玉在住の管理人・りんかい(旧・臨時回送)がお送りする日記です。写真も加えながら気まぐれに更新しています♪

≪ご注意≫
※掲載文章および画像の無断転載を禁じます。
※コメントの際には必ずお名前をご記入ください。
※コメント欄の掲示板的使用を固く禁じます。不適切な内容については管理人の判断で削除します。

≪お願い≫
短文および感嘆符(エクスクラメーション・マーク)等を多く使用した不快感のあるコメントが相次ぎ、管理人としても削除作業および対策に追われています。なるべく常連の方に対する御返事を優先しており、初対面の方や礼儀のない方のコメントに警戒心を抱くようになりました。掲載記事に関係のない書き込みや誹謗中傷等は固くお断りしますことをご理解ください。

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

since 2009.09.01

Twitter
カレンダー
09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-