東上線の11801F+11201Fが車体更新へ

2014-04-03-032014-06-20-16

7/23夕方、森林公園検修区所属の11801F(8両固定車)と11201F(2両固定車)が森林公園→寄居間で回送され、7/24日中に秩父鉄道を経由して羽生に向かい、その後は館林に回送されました。車体更新されるものと思われます。

これまでに10030系の10両固定車、6両固定車、4両固定車と10000系の6両固定車では車体更新実績が多数ありましたが、10000系8両固定車および2両固定車の車体更新は今回が2例目となります。特に8両固定車は2本のみの存在ですので今回で最後です。

東上線の10030系においては、6+4の組成をする30番台が車体更新されて中間車のクハがサハ化されていますが、今回は8+2の組成をする10000系ということで、その動向が気になります。

一方で今年2月下旬に館林に入場した11802F+11202Fはリニューアル改造が大詰めとなっているようです。噂どおり本線への転属となれば、30000系とのトレード対象にもなったということになりそうですね。

最近の東上線ですが、30000系では転属10本目となった31612F+31412Fが元気に運用中。次期転属編成は31614F+31414Fになるようです。10030系ではリニューアル&機器更新最新編成の11639F+11443Fが運用に復帰。本線への転出は11654F+11451Fと11667F+11460Fが濃厚で、30番台+50番台の組成をしている11634F+11455Fと11661F+11441Fもいずれは同じ番台での組成に戻すのでしょうか。

この他、ATC非対応で確実に今年度で姿を消す8175F+8506F、8181F+8560F、そして8185Fの廃車で職を失った8505Fも気になりますね。

もし11801F+11201Fもリニューアル後に本線転属となり、8000系の非ワンマン車も姿を消すと、東上線から8+2の組成をする編成が全滅しますね。

今年度の東武鉄道の事業計画では10000系列26両をリニューアルと記載されていますが、11802F+11202F、11801F+11201Fで20両となり、残り6両はやはり春日部所属の11633Fでしょうか?
FC2 Management

東西線05系、チョッパ車絶滅危機か?

2010-05-01-22

東西線の05系、初期車の13本は15000系で置き換えられ、大半がインドネシアに海外譲渡、05-101F、05-103F、05-106F、05-113Fの4本は3両化されたり三菱SiCに機器更新されたりとした大改造を受けて千代田線北綾瀬支線に転属となり、5000系・6000系ハイフン車を置き換えています。

というわけで現在10両編成の姿で活躍を続けている05系は05-114F~05-143Fまでの30本となります。昨年はVVVF試験車・ワイドドア試作車となっていた05-114Fが三菱GTOから東芝IGBT・PMSMタイプに機器更新されて話題になりましたが、最近になって05-118Fもチョッパから東芝IGBT・PMSMタイプに機器更新されて運用に復帰したようです。その他の改造内容も05-114Fに準じているようですが、5M5Tから4M6Tになったため、5号車の05-318が電装解除となりました。

05系は初期車のチョッパ車は姿を消しましたが、05-115F~05-118Fはワイドドア車のため置き換え対象外。既に05-117Fも入場しているため、残るチョッパ車は05-115F・05-116Fの2本のみとなっています。聴き納めはお早めにですね。

★東西線05系制御装置一覧
※VVVF車はいずれもIGBT、*印はPMSM方式

05-114F:東芝IGBT*
05-115F・05-116F:チョッパ
05-117F:入場中
05-118F:東芝IGBT*
05-119F~05-124F:東芝IGBT
05-125F~05-130F:三菱IGBT
05-131F~05-133F:日立IGBT
05-134F~05-136F:三菱IGBT
05-137F~05-139F:日立IGBT
05-140F~05-143F:三菱IGBT

新潟方面旅行報告【7/21・3日目】

2014-07-21-012014-07-21-10
新潟旅行も遂に最終日となりました。2日目と同じように朝食はバイキング。そして外は朝から快晴に恵まれました。この日は昨日の朝見た津川行きの臨時列車に乗車します。本来ならSLばんえつ物語で会津若松へ、719系で郡山へ、E6系なすので大宮へという経路を予定していたのですが、先日の大雨被害を受けて急遽予定を変更。津川までの往復を楽しむことにしました。

2014-07-21-02
通常ですとC57 180+12系客車7両という編成でしたが、今回はC57 180+12系客車6両+DE10 1700という編成でした。展望車両の4号車が欠車になっています。

2014-07-21-03
そして今回もC57 180の機関室に乗せていただきました。前回は並んだのですが、今回は私が一番最初でした。機関士・機関助士の方々にはこの暑い中での運転に本当に頭が下がります。

2014-07-21-042014-07-21-05
2014-07-21-062014-07-21-07
12系客車はお色直しされています。客車のグリーン車が登場した時には驚きました。そして通常運転では連結しないDLの姿に貴重さを感じました。

2014-07-21-08
新潟色の並び。115系やE127系は大好きです。

2014-07-21-09
E127系にはオコジロウとオコミのラッピングが施されていました。駅員さんがとても親切な方で、記念撮影にも応じてくださりました。ありがとうございました。

2014-07-21-11
そしてSLは出発。私はC57 180は2回目の乗車です。今回は津川行きの臨時列車扱いになり、キャンセルもあって車内は空いていました。お陰でじっくり観察することができてよかったです。お土産もバッチリ購入できました。こちらは新津駅にて。

2014-07-21-122014-07-21-13
森と水とロマンの鉄道、磐越西線の車窓です。力強く煙突から出る煙が勇ましいです。

2014-07-21-142014-07-21-15
2014-07-21-162014-07-21-18
そして1時間ちょっとで終点の津川に到着しました。今度は先導がSLからDLに変わります。

2014-07-21-17
待合室がオコジロウの家になってました。撮影スポットになっています。

2014-07-21-19
2014-07-21-202014-07-21-21
折り返しは五十島と馬下での運転停車があり、約2時間の所要時間となりました。特に馬下では後続の快速あがの(キハE120系3両)との待避で約30分停車しましたが、その間にお昼の鮭はらこ弁当とデザートのバニラアイスクリームを食べました。どちらも最高でした。列車の中で食べるとまた格別ですね。

2014-07-21-222014-07-21-23
2014-07-21-242014-07-21-25
というわけで新潟→津川間の往路はSL牽引、津川→新津間の復路はDL牽引による珍しい運転での臨時列車を楽しむことができました。この時見たキハ110系はまさかの1両…。SLばんえつ物語、早く磐越西線全線での運転再開をして復活を期待したいです。今度は会津若松から新潟に向かう上りも乗ってみたいです。またC57 180に会いたい!

2014-07-21-262014-07-21-27
2014-07-21-282014-07-21-29
2014-07-21-302014-07-21-31
最後は7/19にリニューアルオープンした新津鉄道資料館に行ってきました。屋外展示は200系K47編成とC57 19。K47編成は実際に現役時代に乗ったので懐かしいです。館内も見学スペースが多くて楽しめました。お土産もしっかり購入。改めて新潟・新津が鉄道の街であること、地域の方々に支えられ、多くの人々に親しまれていることが感じられました。

2014-07-21-32
約1時間半で見学を終え、115系で新潟に戻りえちごツーデーパスの旅は終了。帰りの新幹線とき342号はE2系0番台で一番乗りたかった日立GTOのJ11編成に当たりました!これもいい乗り納めとなりました。

そして友人と大宮で別れ、姉とは川越で別れ、私はちょうど来たTJライナーで楽々と帰路に着き、昨夜は9時過ぎに帰宅しました。

2泊3日の鉄道旅行、今回はじっくり・しっかり・たっぷりと新潟地区を楽しむことができ、この地を大好きになりました。撮影・録音も大収穫で満足です。

最後までご覧いただきありがとうございました。

新潟方面旅行報告【7/20・2日目】

2014-07-20-012014-07-20-02
旅行2日目は小雨がぱらつく朝となりました。ホテルの窓から駅を見てみると、8番線には北越の485系が停車していました。そして朝食はバイキング。私は朝はそんなに食べないほうなのですが、この時はたっぷり食べました!

2014-07-20-03
2日目は9時半頃にホームに入り、まずはC57 180を観察。「貴婦人」と呼ばれるC57形蒸気機関車は私も大好きで、特にこのSLばんえつ物語は2年前に初めて乗って感動しました。残念ながら今月初めの大雨で磐越西線山都~喜多方間に土砂が流出。通常なら新潟~会津若松間を結ぶSLばんえつ物語は運休となり、その代替として新潟→津川→新津間を走る全車自由席の臨時列車として運転されました。往路はDL牽引になるため逆に貴重ですね。

2014-07-20-04
SLばんえつ物語といえばキャラクターのオコジロウとオコミですね。可愛い♪

2014-07-20-05
こちらはE127系。新潟地区向けの0番台は13編成ありますが、このうち10編成は来年開業するえちごトキめき鉄道の妙高はねうまラインで使用予定。譲渡される前の姿ももうすぐ見納めでしょうかね。

2014-07-20-06
115系新潟色+新新潟色。

2014-07-20-072014-07-20-08
485系ジョイフルトレインのきらきらうえつを見学。この日は行き先変更で象潟行きになっていました。

2014-07-20-092014-07-20-10
E127系はラッピング車も多いですね。「越後線増便実施中(内野駅ー吉田駅)みんなで乗って増便を支えよう!」と書かれていました。

2014-07-20-11
そんな越後線にはまだ乗ったことがなかったため、まずは綺麗になった白山を見て関屋へ。E127系のワンマンは初めての録音でした。

2014-07-20-12
新潟まで乗ったのは115系長野色。長野地区への211系投入によって一部の115系が新潟地区に転属していますが、塗装は変更していません。そのため新潟地区の115系は新潟色、新新潟色、湘南色、長野色と4色あります。様々な連結バリエーションがあるため、見ているだけで楽しいですね。でもこれらも間もなく登場するE129系で順次置き換えとなります。

2014-07-20-13
その隣にはE653系1000番台が停車中。7/12からいなほの全定期列車が新車化され、485系を見かける機会も減りました。

2014-07-20-142014-07-20-15
さて、この2日目と翌日の3日目はえちごツーデーパスを活用して新潟地区の乗り鉄。まずは改めて越後線に乗車して、吉田へ。天気もよくなり、まさに新潟の夏空が広がりました。

2014-07-20-162014-07-20-17
続いて弥彦線に乗り換えて東三条へ。弥彦色の115系Y編成、2両固定車だからなのでしょうか、抵抗制御とは思えないくらい高加速でびっくりしました。

2014-07-20-182014-07-20-19
東三条からは信越本線で新潟へ。途中で485系やE127系とすれ違いました。私は115系の先頭に乗り、録音しながら前面展望を楽しむことができました。

2014-07-20-20
お昼過ぎに新潟に戻ると485系3000番台のリニューアル車が停車中でした。このR編成はまだ活躍しそうですね。

2014-07-20-21
涼しい待合室の中で昼食タイム。駅弁は旅の楽しみですね。今回は新潟和牛弁当を食べましたが、いやぁ美味しかった!

2014-07-20-22
2014-07-20-232014-07-20-24
食後の休憩がてら、新潟駅を発着する485系、115系、E653系を観察。

2014-07-20-25
午後は新潟からE653系のいなほ7号に乗車。常磐線のフレッシュひたち時代には何度も乗りましたが、1000番台化されてからは初めての乗車でした。来年からはくびき野にも充当されるようで、さらに新潟地区のニューフェイスとして定着していくことでしょう。

2014-07-20-262014-07-20-27
白新線と羽越本線を経由して村上に到着。あの発車メロディは鳴らさなくて聴けなかった…。

2014-07-20-282014-07-20-29
2014-07-20-302014-07-20-31
村上からは羽越本線の普通列車に乗車。キハ47系は初めて乗りました。まさに国鉄型の気動車といった感じでいいエンジン音でした。途中の坂町では米坂線のキハ110系にも遭遇。

2014-07-20-322014-07-20-33
2014-07-20-342014-07-20-35
2014-07-20-362014-07-20-31
2014-07-20-322014-07-20-33
新津に到着した頃には夕暮れ時に。田端から富山に転属したEF510-500番台や先ほど乗って来たキハ47系、115系や485系のくびき野、キハ110系を観察。ここでは1時間以上も滞在していたのですが、車両観察やお土産購入をしているうちにあっという間に時間が経過していきました。

2014-07-20-34
こうして見ると幻想的でロマンティック。

2014-07-20-35
そしてここでの目的である寝台特急トワイライトエクスプレスの到着。遂に来春限りでの引退が決定したため、これが私にとっての見納めとなってしまいました。深緑のEF81と24系客車は最高です!

2014-07-20-362014-07-20-37
新潟には夜8時くらいに帰ってきてこの日の乗り鉄を終えました。485系、貴重な国鉄色とまだ見ていなかった上沼垂色が停車していました。

2014-07-20-38
余談ですが、荷物を預けているコインロッカーに路線図が描かれていて面白かったです。

というわけで2日目は新潟地区の乗り鉄を存分に楽しめました。ちなみに夕食はペペロンチーノでした。

3日目に続きます。

新潟方面旅行報告【7/19・1日目】

7/19~7/21の3日間、私は友人らと4人で鉄道旅行に行ってきました。今のメンバーになってからはほぼ毎年行くようになり、夏の楽しみになっています。そして今年の旅行先に選んだのは新潟。私はこれまでに何度も訪れている地方都市ですが、いつも経由するのみでじっくり訪問したことはなく、今回は新潟駅を拠点にたっぷりと楽しんできました。それでは各日の様子を簡単に振り返ってみようと思います。

2014-07-19-012014-07-19-02
初日の朝は早起きして東上線と川越線を乗り継いで大宮へ。新幹線に乗るのは3か月ぶりです。

2014-07-19-03
最初は私一人でミニ乗り鉄。長野新幹線のE2系の廃車が進行しているため、改めて乗り納めをすることに。こちらは上越新幹線運用のJ9編成。N編成と共に0番台は貴重な存在になりつつありますね。

2014-07-19-04
東京に到着するとE3系2000番台のL64編成の姿が。オシドリ色になった新塗装のつばさはどうも・・・ですね。

2014-07-19-05
私が乗って来たあさまはN13編成。東芝+シーメンスの共作GTOは何度聞いてもいい音です。

2014-07-19-06
このようにE2系N編成がE5系+E6系と並ぶ姿も間もなく見納めになりますね。

2014-07-19-07
こちらはつばさ通常塗装のE3系2000番台ですが、これがオシドリ色になっていく…。

2014-07-19-08
E5系とE6系は美しいです。それにしても連結部分は人気がありますね。

2014-07-19-09
改めて現在地は東京です。

2014-07-19-102014-07-19-11
20番線にはE1系をイメージした朱鷺色に変身したE4系P5編成の姿が。東海道線ホームの10番線にはマリンエクスプレス踊り子のE259系が停車しており、このような並びが実現しました。

2014-07-19-12
東京での観察を終えた私はあさまの新車で大宮へ。E7系に乗ったのは2回目です。来年の今頃にはかがやきとして運用されていますね。

2014-07-19-13
再び大宮に戻ってきました。ここでみんなと合流して団体行動となります。

2014-07-19-14
原色のE4系も順次朱鷺色化されるため見納めに。というか、Max全滅宣言されているため、2階建ての新幹線という文化も数年後にはなくなってしまいますね。

2014-07-19-15
そして旅行がスタートです。まずはたにがわ407号に乗車。編成は三菱IGBTのJ14編成でした。純粋なJ編成の0番台を録音したのは初めてです。

2014-07-19-16
お昼過ぎに越後湯沢に到着しました。埼玉より涼しくて気持ちよかったです。ここに来たのは5年ぶりでした。

2014-07-19-172014-07-19-18
私たちが乗って来たJ14編成と、さっき東京で見てきたP5編成をじっくり撮影。

2014-07-19-19
新しいE4系のロゴマークは朱鷺が目立ち、Maxの文字が小さくなりましたね。

2014-07-19-202014-07-19-21
お昼は湯沢が発祥の地とされる新潟名物の「へぎそば」を初めて食べました。元々そばは大好きなのですが、このへぎそばはコシがあって絶品でした。暑かったので冷たいそばで体も癒されました。

2014-07-19-232014-07-19-24
昼食後はお土産を購入して在来線ホームへ。ちょうどはくたかの681系が入線してきました。5年前に金沢から越後湯沢まで乗車経験あります。

2014-07-19-222014-07-19-25
2014-07-19-262014-07-19-27
はくたかは乗ったことがあったため、今回は普通列車でゆっくり行くことに。楽しみにしていた北越急行ほくほく線のHK100形に乗車。地方ローカル線にしては異常な高性能を誇る車両として知られている車両ですね。このタイプの三菱IGBTも気に入りました。そしてただ乗るのはつまらないと思い、日本初のシアター・トレイン「ゆめぞら」編成に乗車。ほくほく線はトンネルが多く、車窓を楽しめないという点を逆手に取ったこのイベント列車は大人気となり、同社の看板商品にもなっています。

2014-07-19-28
こちらは通常編成のHK100形です。普通列車でも110km/h運転を維持するので凄いです。来年開業する北陸新幹線の影響を受け、ほくほく線を経由するはくたかの処遇が気になるところですね。

2014-07-19-292014-07-19-31
そして終点の直江津に着いた頃には夕方になってました。越乃Shu*Kura用の駅名標も発見。実車は途中すれ違いで見ることができました。

2014-07-19-30
先ほど乗って来たHK100形のゆめぞら編成。

2014-07-19-32
新潟と言えばこの色。115系の塗装バリエーションが豊富なこのエリアで全色制覇するのも目標の一つ。

2014-07-19-332014-07-19-34
直江津からは快速くびき野に乗車すること約2時間、目的地の新潟に到着した頃にはすっかり日が暮れて空は真っ暗でした。

2014-07-19-35
くびき野に充当されていた485系は国鉄色のニイT18編成。先月これと同色のニイK2編成が長野で解体となり、今はニイK1編成と合わせて2本のみの貴重な存在となりました。

2014-07-19-36
向かい側には115系の新新潟色が停車中。この塗装も爽やかで好きです。

2014-07-19-37
新潟駅は改良工事中で、この8・9番線は1番線の越後石山・東新潟方に飛び出すような感じで立地しています。首都圏で言うJRの渋谷みたいな構造ですね。

2014-07-19-38
今度は115系の湘南色+新潟色の混結が見れました。

2014-07-19-39
新潟地区で昨年9月にデビューしたE653系1000番台。てっきりいなほオンリーかと思っていたのですが、らくらくトレイン村上での運用もあるのは知りませんでした。

2014-07-19-402014-07-19-41
こうして駅での観察を終えてホテルへ。部屋からは8番線がよく見えます。

2014-07-19-42
2014-07-19-432014-07-19-44
2014-07-19-452014-07-19-46
夕食は駅近くの居酒屋へ。刺身の盛り合わせ、焼き鳥、イカ焼き、じゃがバター、アオサとあさりの雑炊、どれも美味しかったなぁ。それにみんなでお喋りしながらの食事は本当に楽しいものでした。

というわけで1日目は移動をしながら新潟までの電車を楽しんだ感じで終わりました。

2日目に続きます。
プロフィール

臨時回送

Author:臨時回送
後天性(?)の鉄道ファンである埼玉在住の管理人・臨時回送がお送りする日記です。写真も加えながら気まぐれに更新しています♪

≪ご注意≫
※掲載文章および画像の無断転載を禁じます。
※コメントの際には必ずお名前をご記入ください。
※コメント欄の掲示板的使用を固く禁じます。不適切な内容については管理人の判断で削除します。

≪お願い≫
短文および感嘆符(エクスクラメーション・マーク)等を多く使用した不快感のあるコメントが相次ぎ、管理人としても削除作業および対策に追われています。なるべく常連の方に対する御返事を優先しており、初対面の方や礼儀のない方のコメントに警戒心を抱くようになりました。掲載記事に関係のない書き込みや誹謗中傷等は固くお断りしますことをご理解ください。

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

since 2009.09.01
--------------------
★ツイキャス生放送ラジオ番組「臨回通信」好評配信中!!
※放送時間の詳細はツイッターをご参照ください。

Twitter
カレンダー
06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード